日本ガス協会会員情報サービス利用規約

  一般社団法人日本ガス協会(以下「当協会」といいます)は,その運営する会員向けホームページ「日本ガス協会会員情報サービス」(以下「本サービス」といいます)の利用規約(以下「本規約」といいます)を以下の通り定めます。本サービスを利用される方は,以下の条件にご承諾いただいたことになります。また,特定のサービスのご利用に際しては別途規約等が設けられている場合がございますので,それらすべてを含めたものが利用規約となります。

第1章 総則

第1条 本規約の範囲及び変更
1. 本規約は,本サービスの利用に関し,会員(第3条で定義します)および当協会における本サービスの利用者(以下「利用者」といいます)に適用されるものとします。
2. 当協会は,利用者に事前の承諾を得ることなく,本サービス上で告知あるいは当協会が適当と判断する方法で利用者に通知することにより,本規約を変更できるものとします。

第2条 本サービスの利用
1. 利用者は,会員限定とします。但し、専務理事が必要と認めたときはこの限りではないものとします。
2. 本サービスは,当協会も利用するものとします。
3. 利用者は,本規約および当協会が別途定めるルール等にしたがい,本サービスを利用するものとします。
4. 当協会は,利用者の事前の承諾を得ることなく,本サービスの内容を変更することができるものとします。

第2章 会員

第3条 会員
「会員」とは,当協会の正会員,準会員,賛助会員をいいます。

     
第4条 アカウント
1. 当協会は,正会員,準会員,賛助会員に対し,管理者アカウントおよびユーザーが使用する共用アカウントをそれぞれ1つ発行するものとします。退会した場合には,アカウントを無効にするものとします。
2. 当協会は,第1項の共用アカウントとは別に,会員からの申請により,電子メールアドレスによるユーザーアカウントを発行するものとします。ただし,申請できる電子メールアドレスは,会員であることが確認できるものに限ります。
3. 当協会は,第2項の申請に対し,登録確認メールおよび本サービスに関する通知メールを送信することにより申請を承認するものとします。なお,当該電子メールアドレスが不達になった場合は,アカウントを無効にするものとします。
4. 当協会は,本サービスの利用が不適当であると当協会が判断する場合,利用者に通知することなく,アカウントを無効にする場合があります。

第5条 アカウントおよびパスワードの管理
1. 会員は,会員自身で設定したパスワードが大切なものであることを認識し,その取り扱いについて管理責任を負うものとします。
2. 会員は,アカウントおよびパスワードを第三者に譲渡,貸与,開示してはならないものとします。
3. 会員は,アカウントおよびパスワードの管理不十分,使用上の過誤,第三者の使用などに起因する損害につき自ら責任を負うものとします。
4. 会員は,アカウントおよびパスワードが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には,直ちに当協会に連絡するものとします。
5. 当協会は,本サービスに必要なセキュリティを確保するため,利用者に事前に通知することなく,アカウントおよびパスワードを変更する場合があります。

第3章 サービス利用

第6条 利用者情報
  本サービスの利用に関連して当協会が知り得た個人情報について,当協会は,個人情報保護方針にしたがい管理し,これを利用します。


第7条 サービスの範囲
1. 利用者は,本サービス上で提供されるさまざまなサービスを利用できるものとします。
2. 利用できるサービスの範囲については,正会員向けホームページ,準会員向けホームページ,賛助会員向けホームページを設け,会員の種別に応じて定めるものとします。
3. サービスを利用するのに必要なパソコン,ソフトウェア,インターネット接続環境,電子メール等は,利用者が用意するものとします。
4. 当協会は,利用できるサービスの範囲を,利用者に事前の承認を得ることなく変更することができるものとします。

第8条 情報の守秘義務
1. 本サービスは,会員限定の情報を提供しているため,本サービスで得られる情報は,会員のみで利用するものとします。
2. 本サービスで得た情報は,会員の責任において,必要不可欠な範囲で会員の業務委託先に提供することができるものとします。

第9条 禁止事項
  利用者は,以下の行為をおこなってはならないものとします。

1. 利用の際に虚偽の内容を入力あるいは登録申請する行為
2. 本サービスの運営を妨げ,その他本サービスに支障をきたすおそれのある行為
3. アカウントおよびパスワードを不正に使用する行為
4. 他の利用者,第三者もしくは当協会に迷惑,不利益もしくは損害を与える行為,またはそれらのおそれのある行為
5. 他の利用者,第三者もしくは当協会の著作権等の知的財産,プライバシー・人格権その他の権利を侵害する行為,またはそれらのおそれのある行為
6. 公序良俗に反する行為その他法令に違反する行為,またはそれらのおそれのある行為
7. その他,当協会が不適当と判断する行為

第4章 サービス運用

第10条 情報の管理
  当協会は,利用者が本サービスに対し当協会が利用することを承諾した上で発信した情報(個人を特定する情報は第6条にしたがいます)について,利用者に断りなく本サービスあるいは当協会の協力会社において利用できるものとし,次の各号の一つにでも該当する場合には,利用者に断りなくこれを削除することができるものとします。

1. 当該情報が当協会もしくは第三者の著作権その他の権利を明らかに侵害し,または当協会もしくは第三者の名誉もしくは信用を明らかに毀損していると認められた場合
2. 当該情報が第三者の著作権その他の権利を侵害し,または第三者の名誉もしくは信用を毀損しているとの警告を,当協会が当該第三者から受取った場合
3. 法令に明らかに違反していると認められた場合
4. 官公庁,裁判所等の公的機関から,法律に基づき削除するよう命令を受けた場合

第11条 本サービスの保守
  当協会は,本サービスの稼動状態を良好に保つために,以下各号の場合利用者に事前に通知をおこなうことなく本サービスの提供の全部あるいは一部を中止することができるものとします。

1. システムの定期保守および緊急保守の場合
2. 火災,停電,第三者による妨害行為等により,システムの運用が困難になった場合
3. その他,止むを得ずシステムの停止が必要と当協会が判断した場合

第12条 その他免責事項
1. 当協会は,利用者が本サービスをご利用になれなかったことにより発生した一切の損害について,いかなる責任も負わないものとします。
2. 当協会は,利用者の受けた不利益等が利用者の登録内容にしたがい事務を処理したことによる場合には免責されるものとします。
3. 利用者が,本サービスをご利用になることにより,他の利用者または第三者に対して損害等を与えた場合には,当該利用者は自己の責任と費用において解決し,当協会には一切迷惑を与えないものとします。

第13条 その他
1. 本サービスのご利用に関して,本規約または当協会の指導により解決できない問題が生じた場合には,当協会と利用者との間で双方誠意をもって話し合い,これを解決するものとします。


平成23年4月1日
一般社団法人日本ガス協会

Copyright